地区活動の支援

職員募集

茅ヶ崎市社協の地区活動の支援

市社協では、茅ヶ崎が住みよい街となるよう、市域全体に向けた事業・活動をすすめるとともに、一人ひとりに身近なところでの住民同士のつながりや支え合いを育むために、地区を中心とした活動の推進を支援しています。

身近な住民参加の基礎単位を「地区」と捉え、その福祉活動推進の中核組織である「地区社会福祉協議会(地区社協)」と連携を図りながら、地区住民の参加による取り組みをさまざまな形で支援しています。

職員の地区担当制

  • 市内13地区にそれぞれ、地区との窓口となる担当職員を決めて支援等を行っています。
  • 2001(平成13)年度より導入されており、正職員(現在12名)が各2~3地区を担当します。
  • 地区担当職員は、各地区の会議や事業などの場面に参加させていただきながら、顔の見える関係づくりや地区の状況や課題把握等をおこなっています。
  • 地区のみなさんと課題共有をしながら、情報提供や事業の立上げ支援など、地区の状況に応じた支援をおこない、一緒に地域づくりをすすめます。

(*)地区の活動のことや、地区内で発見した心配ごとなどのご相談は、各地区担当職員までお声かけください。

地区社会福祉協議会 連絡協議会

13地区社協の相互の連携・交流、活動の高め合いの場として連絡協議会を設置しています。次のような活動を通じて、相互の活動についての情報交換ほか市の福祉動向把握、課題の共有を図り、各地区の取り組みから市域の福祉向上にも寄与しています。

主な定例会議

会長会議(奇数月)、三役会議(偶数月)、全員協議会(5月)

会議

その他の活動

研修会(年2回)、事例発表会、視察研修、行政との懇談会等市社協は事務局として、この連絡協議会の運営を支援しています。

他の活動

活動費などの助成支援

地区の活動を財政的な面から支援するため、世帯数や活動状況に応じた助成支援もおこなっています。

その他

上記以外でも、市社協職員が各地区でボランティア研修、福祉講座などの開催を支援するほか、地区で活動する担い手育成の事業を実施したり(地域福祉の担い手育成推進委員会)、 職員の地区担当制を活かした事業を担うなど(コーディネーター配置事業生活支援体制整備事業)、各種の取り組みを通じて住民のみなさんを支援し、一緒に地域づくりをすすめています。

助成支援